目から鱗のドイツ生活

こんにちは。現在、私はワーキングホリデービザを使って、ドイツに一年間滞在しています。ドイツに来てから早3ヶ月が経とうとしていますが、慣れないこともまだまだたくさんあります。日本人が驚くドイツあるあるをご紹介します。

それは国境が簡単に越えられることです。日本は島国なんだし、国が隣接しているヨーロッパなら当たり前でしょう?と思う方もいるかもしれません。私はドイツ南西部に住んでいますが、車を使えばフランスには1時間、ルクセンブルクには20分で行くことができます。ドイツのガソリンはルクセンブルクより高いので、ガソリンを入れるというそれだけの目的でルクセンブルクまで行くドイツ人は多いのです。また、ルクセンブルクの方が給料が高いので、ドイツに家はあるけどルクセンブルクで働いているというドイツ人も大勢います。日本を例にすると、家は埼玉にあるけど、都内で働いていると言っているようなものですが、国境がこんなに簡単に越えられることに当初は衝撃的でした。ルクセンブルクに入ると、昔使われていた入国審査ゲート(見た目は高速道路の料金所みたいです。)がありますが、もはや使われていないので素通りです。EU市民でない私でもパスポートなしで車や電車で国境を越えることは簡単にできます。飛行機経由だともちろんパスポートはいりますが…。ヨーロッパの人々は、日本人が県境を越えるような感覚で国境を越えているのだと知り、とても驚きました。三重 車買取

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です